Esquire エスクァイアSF再読。SFは未来を語れるか?

  • Esquire エスクァイアOct. 2008 Vol.22 No.10 SF再読。SFは未来を語れるか?
  • SF再読。SFは未来を語れるか?

    Esquire エスクァイア

    Oct. 2008 Vol.22 No.10

注文番号
ESQ-2008-10
販売価格
¥1,000
在  庫
有り (ご注文はこちら→
 
買い物カゴは有りません。お手数ですが注文番号をコピー
またはメモをしてご利用ください。
  • SFは未来を語れるか?SF再読。
  • Style in Japan vol.7: "HOKKAIDO"
  • Francis F. Coppola。ゴダールになり損ねた男の逆襲。
  • 映画『TOKYO!』が語る、この街のポテンシャリティ。
  • ESQUIRE SPECIAL|SFは未来を語れるか?SF再読。
    Arthur C. ClarkeとPhilip K. Dick、巨匠2人が遺したもの。
    • 美しさへ。Arthur C. Clarke が描こうとしたもの。
      クラークが見た宇宙、見られなかった宇宙。
      空想から現実へ。クラークが描いたテクノロジー、その実際とは。
      2008年、手に取るべきクラーク作品とは。
      作家の「幼年期」、ロンドン時代を訪ねて。
      最晩年の共著者 Stephen Baxter、に聞く。
      |クラークが、最後まで描こうとしたものとは。
    • アメリカという現実を凝視したSF作家。Philip K. Dick、その奇妙な世界。
      Philip K. Dick はいかにして脚色されたか?ハリウッドが魅了される理由。
      川又千秋×円城 塔、二人のSF作家が語る。夢みるようにディックを読むこと。
    • 海外SF小説に描かれた日本人たち。サイファイジャパニーズ。
    • 日本SF界の"英雄"故 野田昌宏が遺したもの。パルプマガジン、そして日本のSF黎明期。
    • 店主は伝説のSF映画研究家。飛騨高山のSFX博物館へ。
    • ストレンジ・フィクションという新潮流。
      混沌の向こうに見える、新たな地平。
      未来への扉という名の文学史。時代でたどるSF小説60冊。
  • Style in Japan vol.7: "HOKKAIDO"
  • Francis F. Coppola。ゴダールになり損ねた男の逆襲。
    蓮實重彦が解析するフランシス・F・コッポラの現在位置。
    Mircea Eliade とは、何者か?
    新作を巡る、識者たちの視点。
  • 映画『TOKYO!』が語る、この街のポテンシャリティ。
    Bong Joon-Ho, Leos Carax, Michel Gondry
  • 精神と頭を充実させる、理想のワークスペーストは?
    クリエイター3人のワークスペースを拝見。|中村拓志, 山本祐平, 尾原史和
  • Esky
    山崎ナオコーラ|文学を盛り上げる芸術家でありたい。
    Timur Bekmambetov|複雑な背景を持つ男が作ったアクション映画。
    Jamie Lidell|エレクトロが行き着いたソウルネス。
    David Levinthal|私の写真は、あなたのためのロールシャッハテストなのです。
  • PEOPLE
    浅野忠信|愛する映画たちへのオマージュに満ちた短篇が完成。
    The Ting Tings|ポップスの解釈を拡大し続けるマンチェスターの二人組。