武蔵野美術美学は可能か

  • 武蔵野美術1999年10月15日発行 NO.114 美学は可能か
  • 美学は可能か

    武蔵野美術

    1999年10月15日発行 NO.114

注文番号
MB199910N114
販売価格
¥1,000
在  庫
有り (ご注文はこちら→
 
買い物カゴは有りません。お手数ですが注文番号をコピー
またはメモをしてご利用ください。

谷川 渥/室井 尚/鈴木真理子/井上明彦/川田都樹子/藤枝晃雄
青山昌文/白石美雪/新宮一成/他

  • 特集|美学は可能か
    〈美〉学講義|谷川 渥
    新しい美学は生まれるだろうか?|室井 尚
    イデオロギー論の隘路|「美のイデオロギー」(テリー・イーグルトン)をめぐって|鈴木真理子
    対談|作品/展示/批評|〈美〉の制度の脱構築|井上明彦 × 川田都樹子
    「政治的利用の芸術」について|藤枝晃雄
    美と醜|連続の美学|青山昌文
    美をめぐる問い|武満 徹の音楽を手がかりに|白石美雪
    対談|〈美〉の彼岸|備と身体性/精神性|新宮一成 × 谷川 渥
  • 意識・フィールド・時間|主体の新たなあり方へむけて|長谷川祐子
  • 制作ノート
    水ディスプレイの開発|杉原有紀
  • 季評
    メディア|国民の現代的信従|大澤真幸
    舞台|〈テンポ〉という主題|太田省吾
    本|生き残った妖怪たち|多和田葉子
    科学・技術|進化の新たな回路|幹細胞のみる夢|河本英夫
    美術|No Dood Sense but Concept|林 卓行
    建築|正統か? 異端か?|天理教とほんみち|五十嵐太郎
    音楽|音楽を喚び醒ます身体について|伊東 乾
    [武蔵野美術]Online|瀧口杳子
    |かぎりなく近く、かぎりなく遠く|二つの「パサージュ」をめぐって
  • 道路の遠近を忘れたり|3|"白雑布(ジャン・ジュネ)"の教え|吉増剛造 + 若林 奮
  • LAでの生活|3|長島有里枝
  • おぞましき女体・文化|女性によるセクシュアリティの表象をめぐる多元文化論の試み|4|越智和弘
    ヴェロニカ・ヴェラ|男に母性的マゾヒズムを教育するポルノ・クイーン
  • 言葉と絵|11|豊嶋康子
  • Art Annual in 1899|アメリカ社会の〈理想と現実〉|高島直之