BT美術手帖思考操作としての美術/夜行館/カタストロフィー・アート

  • BT美術手帖1973年3月号 Vol.25 No.365 思考操作としての美術/夜行館/カタストロフィー・アート
  • 思考操作としての美術/夜行館/カタストロフィー・アート

    BT美術手帖

    1973年3月号 Vol.25 No.365

注文番号
BT197303N365
販売価格
¥-(付録無¥1,000)
在  庫
有り (ご注文はこちら→
 
買い物カゴは有りません。お手数ですが注文番号をコピー
またはメモをしてご利用ください。

宇佐美圭司/笹原茂朱/高松次郎 × 李 禹煥/伏久田喬行/岡部道男
赤瀬川原平/デュシャン/他
特別付録|堀内正和「目喰手絵」

  • 表紙のために|小清水 漸
  • 巻頭論文|思考操作としての美術|宇佐美圭司
  • 夜行館 − 恐山霊場への泥の旅|笹原茂朱
  • CATASTROPHE ART カタストロフィー・アート
    松沢 宥/高松次郎/春原敏之/金子昭二/河津 紘
    小林起一/田中孝道/赤土類・辻村和子・鈴木裕子
    風倉 匠/古沢 宅/芦沢タイイ/宿沢育夫/藤原和通
    栗山邦正/かわなかのぶひろ・上原 剛/池田龍雄
    長沢英俊/河口龍夫/柏原えつとむ/他
  • 資本主義リアリズム講座|1|赤瀬川原平
    櫻幼稚園附属大学通信講座開講案内
  • デュシャン透視考|6|東野芳明
    制服について-あるいは物語「独身者の機械」
  • メタモルフォーズ頌|3|怪物たちの論理|中山公男
  • 対談〈?〉|2|高松次郎 × 李 禹煥
    言語・表現・日常性......
  • なぜ〈美・術〉なのか|伏久田喬行
    視覚における〈生存〉概念の考察(下)
  • 地下浪漫映画の意味するもの|岡部道男
    プライヴェート・フィルム私感
  • TOM'S FINGERS TRAVEL ON THE BOX|3|戸村 浩
    プレーン・ボックス
  • こちら精神覚醒科・処方箋|3|岡田隆彦
    本質的な遅延について
  • 視線12|3|ミニアチュールと模型の構造|谷川晃一
  • 書評
    〈公共芸術〉は可能か|彦坂尚嘉
     ユルゲン・クラウス『現代芸術の膨張』
    文体と肉体との乖離|合田成男
     市川 雅『行為と肉体』
  • 展評
    北辻良央/柏原えつとむ/水上 旬/白髪一雄/北田孝之
    評|峯村敏明/平野重光
  • 坐忘録|堀内正和
  • 近況|坂本正治|マフィア・タウンになぐりこみ
  • 美術時評|根底なき根底 − ドクメンタ展の波紋|たに あらた
  • 話題|"もの派"の錯誤|藤枝晃雄
  • 映像|五年目を迎えたシネマテーク|かわなかのぶひろ
  • 映画|「ジョニーは戦場へ行った」|高阪 進
  • 演劇|新しい感性のありかをめぐって|扇田昭彦
  • 写真|ああ 戦争写真|柳本尚規
  • デザイン|イメージの集合的意識|木村恒久
  • 表紙のために|小清水 漸
  • 特別付録|堀内正和「目喰手絵」