美術手帖80年代★日本のアート

  • 美術手帖2019年6月号 Vol.71 No.1076 80年代★日本のアート
  • 80年代★日本のアート

    美術手帖

    2019年6月号 Vol.71 No.1076

注文番号
BT201906N1076
販売価格
-
在  庫
-
 

関口敦仁/山部泰司/石原友明/中原浩大/筒井宏樹/吉竹美香
椹木野衣/伊藤 鮎/沢山 遼/キャサリン・バーンハート
ベルナール・フリズ/インカ・ショニバレCBE/他

  • SPECIAL FEATURE|80年代★日本のアート
    • PART 1
      ビジュアルでたどる80年代アート・クロニクル|伊藤 鮎
      ニュー・ウェイブとはなんだったのか?
      [証言1]藤井雅実 − 画廊パレルゴン
      [証言2]関口敦仁 − フジヤマ・ゲイシャ展
      [証言3]山部泰司 − 関西ニュー・ウェイブ
      [証言4]石原友明 − 写真と美術の接近
      [証言5]中原浩大 − 美術の次なる展開
      論考|複数のメディウム − 80年代という交差点|沢山 遼
      イラストとアートのクロスオーバー|[解]中ザワヒデキ
      榎本了壱に聞く、日本グラフィック展とパルコの戦略
      コラム|「広告の時代」のアートとは何か?
      Hommage to 80's culture
      |岸部拓郎/STEREO TENNIS/とんだ林蘭
      |大山エンリコイサム/金氏徹平 + 森 千裕
    • PART 2
      80's クロス・カルチャー・ファイル
      |思想 − ニューアカデミズムと共振したアーティストたち|佐々木 敦
      |ファッション − 日本人デザイナー、世界の美術館へ|山縣良和
      |演劇 − 上演芸術で実践され極めつくされたラジカル思考|岸井大輔
      |音楽 − 前衛から環境へ、環境から音響へ 目と耳のために|ばるぼら
      |アニメ & キャラクター
      | − 美少女とメカが混交するアニメ的世界観の原点|さわやか
      |イラスト & マンガ
      | − 越境する表現者が集ったイラストレーション・シーン|さわやか
      |出版 − アートをクロスオーバーさせたメディアたち|ばるぼら
      コラム|インターネット前夜
      | − 80年代フィジカルの現在的魅力|久保田晃弘
    • ESSAY
      「美術批評家」絶滅危機の時代|筒井宏樹
      世界における日本の80年代アートの検証|吉竹美香
      「アール・ポップ」から始める − 80年代の美術をめぐって|椹木野衣
  • 第2特集|平成の日本美術史 30年総覧
    椹木野衣の時代:30年間の批判理論|松井 茂
    「日常」がアートになる|きりとりめでる
    奈良美智と村上 隆の功績|児島やよい
    多様化するメディア環境|伊村靖子
    未来に「震災」の経験を伝える|蔵屋美香
  • 第16回芸術評論募集入選作発表
    • 審査を終えて|椹木野衣 × 清水 穣 × 星野 太
    • 次席
      ウールズィー・ジェレミー「インターネット民芸の盛衰史」
    • 次席
      北澤周也 東松照明『日本』(一九六七年)と「群写真」
      − 社会化された自由な「群れ」 −
  • ARTIST PICK UP
    キャサリン・バーンハート|[聞]島田浩太朗
    ベルナール・フリズ|[聞]梅津庸一
  • WORLD NEWS
  • ARTIST INTERVIEW|インカ・ショニバレCBE|[聞]石谷治寛
  • アート・バーゼル香港2019
  • 美術手帖 × VOLVO ART PROJECT
  • REVIEWS
    • 平成の家族たち|椹木野衣
      「しんかぞく」
      「作家で、母で つくる そだてる 長島有里枝」
      「長島有里枝展」
      「ホーム・ランド」
      テーリ・テムリッツ『不産主義』
    • 2010年代と1910年代|清水 穣
      THE COPY TRAVELERS 「雲型定規がヤマをはる」展
      「ヴィンセント・フェクトー展」
  • 連載
    青柳龍太 × 松浦祐也/平山昌尚/他