Esquire エスクァイア未来に伝えたい100のこと。21世紀カルチャーマップ。

  • Esquire エスクァイアJul. 2009 Vol.23 No.7 未来に伝えたい100のこと。21世紀カルチャーマップ。
  • 未来に伝えたい100のこと。21世紀カルチャーマップ。
    最終号

    Esquire エスクァイア

    Jul. 2009 Vol.23 No.7

注文番号
ESQ-2009-07
販売価格
-
在  庫
-
 
  • 未来に伝えたい100のこと。21世紀カルチャーマップ。
  • アーノルド・ギングリッチとは何者か?
  • 『エスクァイア日本版』22年史。
  • スモールタウンを巡るカリフォルニア。
  • 2009年バーゼル&ジュネーブ新作腕時計を完全網羅。
  • 『ナプキン・フィクション・プロジェクト』
  • さよならジョン・アップダイク 文学の巨人、最後の詩。
  • ESQUIRE SPECIAL|未来に伝えたい100のこと。21世紀カルチャーマップ。
    • Avram Norm Chomsky
      |たとえ困難であっても、根深い因習を断ち切らないといけないのです。
    • MUSIC
      古川日出男
      |ここに止まっているのに、ずっと動いていること。旅していること。
      阿部海太郎
      |消えることを宿命に旗揚げした無数のユートピアの、「存在した」という事実。
      鈴木淳史
      |日常性を預かってもらうクロークはぜひとも残さなければならない。
      五十嵐 正
      |音楽が世界を変えられるか、その問いかけは、今日もなお続いている。
      Thurston Moore
      |音楽はテクノロジーではなくハートから生まれ、そして永遠に続く。
      菊地成孔
      |少なくとも音楽の表層を一瞬、驚くほど変える方法が一つある。
    • BOOK
      Ron Carison|超短篇小説「大口開け式悲しみ撃退法」|[訳]岸本佐知子
      宮内勝典
      |この時代にこそ時間をかけて文学を作り上げなくてはいけない。
      時代を超えていく本。作家や翻訳家が選んだ未来へと受け継ぐべき名作。
      |布施英利, 円城 塔, 小野正嗣, 田中敏恵, 永江 朗, 万城目 学, 大竹昭子
      |プラープダー・ユン, 越川芳明, 新元良一, 鴻巣友季子, 都甲幸治, 小路幸也
      心動かす名言、至言。時代を超えて語りかける言葉に、じっくり耳を傾けたい。
    • CINEMA
      未来に受け継ぎたい映画。最新作、未公開作、ドキュメンタリー。選んだ理由は?
      |樋口泰人, 吉田篤弘, 冨永昌敬, 古平正義, 森本美絵, 佐々木 敦
      |渋谷慶一郎, 大場正明
      柳下毅一郎
      |美学的な選択でなく、経済とテクノロジーが未来の映画の形を決める。だが...。
    • ART
      Hans Ulrich Obrist
      |アートは横断的な知の領域になっているといっていい。
      村上 隆
      |未来と過去が線から点に変化するパラダイムシフトを理解する道具、それが古くて美し
      |いモノたちなのです。
      Andrew maerkle
      |ある物語の一部になるのではなく、一過性の現場の一部になるという体験。
      椹木野衣
      |失われた「第四の顔」が担う、「太陽の塔」の真のヴィジョン。
      篠山紀信
      |その時、最も面白い人を、最も良い場所で撮る。その結果としてのヌード。
      鈴木理策
      |歴史とともに積み重ねられてきた「写真の経験」と、標となる作品。
    • DESIGN
      杉本貴志
      |このままのデザインに未来はない。パラダイムシフトを期待したい。
    • FASHION
      Jeremy Hackett
      |ファッションが文化の一部である以上、過去のスタイルに倣う意味は多いにある。
      中寺広吉
      |ウェストコート、三ツ揃えという、普通の情景。
      ファッションの未来。未来のファッションのために、今すべきこととは?
      |Wendy Dagworthy, Louise Wilson, Marie Rucki, Colette L. Wong
      |Walter Van Beirendonck, Simon Collins
      未来に伝えたい靴。
      |中川一康, 長谷川裕也, Giuzeppe Zanotti, Lapo Elkann
      菊池武夫
      |車も服も人間的なものでないと惹かれもしないし、興味もない。
    • ARCHITECTURE
      安藤忠雄
      |過去から次世代へ。持続する環境を生む。
      五十嵐太郎
      |これまでも、これからも、残るべきものが残っていく。人間が変わらない限り。
    • GRAPHIC DESIGN
      仲條正義, 服部一成
    • PRODUCT
      Jasper Morrison
      |小さな商店で買い物をすることは社会貢献でもある。
      吉岡徳仁
      |ボトルに込められた未来へのメッセージと、実現するための技術力。
      永久保存希望のプロダクツ
      |神林千夏, 長山智美, 川合将人, 作原文子, 中林友紀
    • FOOD
      Hervé This
      |音符一つ一つを取り出して今までにない音の調べ=料理を作っていく。
      島村奈津
      |食の未来は一人一人が種について考えることから始まる。
    • JAPAN
      立松和平×松浦弥太郎
      |これからは「放て手に満てり」の精神こそが大切になってくる。
      石川直樹
      |古きを踏襲するばかりでなく、発見や学びを通してマキリは変化し続ける。
      外国人と日本。
      |Patrick Sephan, Helmut Schmid, Alexander Gelman, 山本高史
    • MEDIA
      小林弘人
      |メディアの未開の地に乗り出そう。遅くはない。新聞・雑誌が死ぬ前に。
      Tyler Brûlé
      |未来に伝えたい、目にして、手にとって、美しい雑誌たち。
      エスクァイア日本版編集部
      |最後は、我ら編集部が未来へ伝えたいものを。悩みに悩んで考えました。
    • PHOTO
      Stephen Gill, 黒田光一, 津田 直, 塩田正幸
  • アーノルド・ギングリッチとは何者か?
    『エスクァイア』が産声を上げた地、シカゴ。
    ギングリッチを探して、アナバー、NY、シカゴ、リッジウッドの4都市へ。
  • 『エスクァイア日本版』22年史。
    吉澤 潔×長澤 潔×木村裕治|常識を変えた雑誌の誕生。
    森永博志×後藤繁雄×中西大輔|'90年代、『エスクァイア日本版』は"ケモノ"だった。
    2000年代、私の『エスクァイア日本版』
  • スモールタウンを巡るカリフォルニア。
    BIG SUR|最後の楽園、人々を呼び寄せる磁場。
    DAVIS|市民参加の町作りが生んだ自転車都市。
    MENDOCINO|アメリカ黎明期の風景を求めて。
    まだまだあるカリフォルニアのローカルな魅力。
  • 2009年バーゼル&ジュネーブ新作腕時計を完全網羅。直径40mmの中の神秘。
  • 青山 南・訳下ろしアンソロジー『ナプキン・フィクション・プロジェクト』
  • さよならジョン・アップダイク 文学の巨人、最後の詩。
  • ファッションを通して、伝えたいこと。 fashion LOVE
  • Esky
    万城目 学|万城目 学、満を持して故郷・大阪を描く。
    Darren Aronofsky|企画当初からの"ヴィジョン"に従ったが故の成功。
    Pierre Hantaï|豊かで壊れやすい音楽を守る。
    Roe Ethridge|フーガでやってたんだけど、最近はサワー・マッシュ・ウィスキーさ。
  • PEOPLE
    Andy Summers|世界の街の片隅で静かに沸き立つ、活発な暗闇。
    Stephen Daldry|ドイツ戦後世代を見つめた作品を、英国人が手掛けた理由。