カイエ・デュ・シネマ・ジャポン/フィルムアート社2001年の映画作家

  • 映画/その他1991年11月20日発行 No.2 2001年の映画作家
  • 2001年の映画作家
    CAHIERS CU CINEMA japon

    カイエ・デュ・シネマ・ジャポン

    1991年11月20日発行 No.2

注文番号
CAIE9111N02
販売価格
¥1,000
在  庫
有り (ご注文はこちら→
 
買い物カゴは有りません。お手数ですが注文番号をコピー
またはメモをしてご利用ください。

黒沢 清/暉峻創三/ダニ・レヴィ/西山洋一/キャスリン・ビグロー
長崎俊一/スパイク・リー/フランソワ・デュペロン/許 鞍華
ジュリエット・ビノシュ/ジェーン・カンピオン/他

  • 2001年の映画作家
    • 2001年の映画作家
      許 鞍華 アン・ホイ/イドリッサ・ウェドラオゴ/黒沢 清
      ティム・バートン/風間志織/石井聰亙/王 家衛 ウォン・カーウァイ
      ダニ・レヴィ/荻野洋一/オリヴィエ・アサイヤス/小林英彦
      イーサン & ジョエル・コーエン/キャスリン・ビグロー/スパイク・リー
      ジェームズ・キャメロン/スティーヴン・ソーダーバーグ/小中千昭
      レオス・カラックス/スレイマン・シセ/周防正行/塚本晋也
      パトリシア・マズュイ/長崎俊一/陳 凱歌 チェン・カイコー
      ガス・ヴァンサント/瀬々敬久/渡邊孝好/エリック・レッド
      アキ・カウリスマキ/西山洋一/鎮西尚一/ユッタナ・ムクダーサニット
      リュック・ベッソン & エリック・バルビエ/フランソワ・デュペロン
      楊 徳昌 エドワード・ヤン/ジェーン・カンピオン/井川耕一郎
      エミール・クストリッツァ/ピア・フランケンベルク/山田勇男
      ジャン=クロード・ブリソー/ペドロ・アルモドヴァル/山口貴義
      ヴィクトール・ガヴィリア/アレックス・コックス/鷲見剛一
      ヴィタリ・カネフスキー/ジャコ・ヴァン・ドルマル/暉峻創三
      レモンド・レッド & ノエル・リム/ジム・ジャームッシュ
    • CRITIQUES
      黒沢 清|恐怖に満ちた恍惚の一瞬がやってくる|郡 淳一郎
      暉峻創三|歴史上には複数のテルオが存在している|荻野洋一
      ダニ・レヴィ|そこに「家族的」な親密な空気がたちこめる|瀬川裕司
      西山洋一|西山は山中に近い思想の持ち主である|?橋 洋
      キャスリン・ビグロー|共感なき連帯こそが真のアクションを喚起する|篠崎 誠
      長崎俊一|彼が優れているのはなにより視線の演出法においてである|塩田明彦
    • ENTRETIENS
      スパイク・リー|新作『ジャングル・フィーバー』をめぐってカンヌの評価はまっぷたつに割れた
      フランソワ・デュペロン|トリュフォー的伝統の中に身を置く以外にやり方があるとはとても思えないのです
      ジュリエット・ビノシュ|『ポンヌフの恋人』との長い月日、レオスとわたしの3年間
      ジェーン・カンピオン|魅力的になるためにはばかげた苦労をするような若い女の子たちが好きなんです
      ジャコ・ヴァン・ドルマル|ミシェル・ブーケはシナリオを読んで、すぐ返事をくれました
      許 鞍華 アン・ホイ|東南アジアの風景は私にとって処女地のように感じるのです
  • 蓮實重彦のクロニクル|第48回ヴェネチア国際映画祭報告
    いまや、83歳のマヌエル・デ・オリヴェイラや還暦すぎのゴダールが映画の若さを体現する時代になってしまった
  • 第4回東京国際映画祭ドキュメント
    2日目、楊 徳昌の搭乗でいきなり終ってしまったような気がした
  • 『アトランタ号』じゃら『ヌーヴェルヴァーグ』へ
    復元された『アトランタ号』|アントワーヌ・ド・ベック
    非常の大河を下る|荒尾信子
    当惑の波、左手の確信|大寺眞輔
  • 日本映画の現在
    大森一樹|スタジオシステムが終っていて、悲しい|樋口尚文
  • 榎戸耕史『ありふれた愛に関する調査』の現場から
    いま「撮影所」の仮構が日本映画の「外部」を撃っている|稲川方人
  • 「カイエ」誌40年にみる映画変容の時代
    21項目で辿る80年代の軌跡|セルジュ・トゥビアナ
    重要なのは、映画をその永続性において擁護する事ではなかった|アンドレ・S・ラバルト
    60年代、新しい作家たちの青春と巨匠たちの最後の飛翔|リュック・ムーレ
    『美しきセルジュ』と『いとこ同志』で僕の俳優修行ははじまった|ジャン=クロード・ブリアリ
    50年代、世界はダイヤモンドの輝きをそなえていた|ジャン・ドゥーシェ
  • 座談会|荒井晴彦 × 畑中佳樹 × 佐々木 敦 × 梅本洋一|映画に向かい合うために
    「政治」を失った作家主義、そして90年代の映画批評へ
  • 作家とジャンル|1|加藤幹郎
    プレストン・スタージェスとスクリューボール・コメディ III
  • ベルリン映画日誌|3|1990年秋かつて「東」だった場所で|瀬川裕司
  • JOURNAL DES CAHIERS
    大寺眞輔/梅本洋一