New Rudie's Club/インビテーション/ぴあザ・クラッシュ

  • 洋楽/その他1999 AUTUMN Vol.25 ザ・クラッシュ
  • ザ・クラッシュ

    New Rudie's Club

    1999 AUTUMN Vol.25

注文番号
NRDC1999V25
販売価格
¥800
在  庫
有り (ご注文はこちら→
 
買い物カゴは有りません。お手数ですが注文番号をコピー
またはメモをしてご利用ください。

クラッシュ・ディスコグラフィ
私的パンク・ロック史観
パンク とびきりのガン細胞/他

  • ザ・クラッシュ すべての若きパンクスども!
    クラッシュ・ディスコグラフィ
    あの時、生の不安に潰されそうな俺たちの上にも、確実に、ロックの奇跡は起こっていたのだ|岡田純良
    私的パンク・ロック史観|中村隆宏
    1979年、僕はクラッシュを待ち望んだ。しかし、彼らは来てくれなかった|藤竹俊也
    「いいバンドというのは、一生に一度きりなんだ。それが俺にとってはクラッシュだった」とジョー・ストラマーは俺に言った|森山達也(ザ・モッズ)
    《ロンドン・コーリング》を聴いた時、クラッシュ以上のロック・バンドには、もう出会えないなと思った|野中則雄
    辿り着こうとする過程そのものをパンクと呼ぼう/全アルバム・ガイド|石田 勇
    黒い傷だらけのテレキャスターに、ジョー・ストラマーは、再び何かを刻み込もうとしていた|佐藤 睦
    ジョーは、生粋のロックン・ローラーだった|山本慎也
    パンク とびきりのガン細胞|世良公則
    クラッシュ コメント集
    時代を生き抜く勇気|宮川高宏
    ティル・ヴィクトリー|小川 平
    クラッシュが私の頭を柔らかくしてくれた|大川原真琴
    日本に帰化したパンクを担う怒れる若者よ、出てこい!|松崎義則
  • FUJI ROCK FESTIVAL 1999 IN NAEBA
  • ジェフ・ベック
  • スパンダー・バレエ